日本百選 都道府県別データベース

あなたの街の日本100選を
探してみませんか?

このサイトでは、都道府県ごとに
各種百選の検索ができます。


百選別一覧



都道府県別一覧

モバイル・携帯版 山の日本百選ページのQRコード
「山の日本百選」を
携帯でご覧になりたい方は
QRコードからアクセス!

  和歌山県   世田谷区     水の郷   百名山  

全国の日本百選を「山」で検索しました。

「山梨百名山」「九州百名山」「日本百名山」など21件の日本百選がヒットしました。

百選スポットには「霧島山(きりしまやま 1,700m)」「城山公園」「城山公園」「笠森寺観音堂」「羽高棚田」などの4387件があります。


の日本百選検索結果: 21 件
一等三角点百名山
「一等三角点百名山」は、一等三角点研究会によって選出された日本全国の一等三角点の百選。三角点とは、「三角測量」という測量法のために設置された点のこと。
新・花の百名山
「新・花の百名山」は、登山家や高山植物愛好家のバイブルともいわれる「花の百名山」を改版したもので、前作から15年を経て新たに選出された内容となっています。 1995年(平成7年)6月に発表され、その後「改新花の百名山」も出版されました。
農山漁村の郷土料理百選
「農山漁村の郷土料理百選」は、農林水産省が「食べてみたい!食べさせたい!ふるさとの味」、「これからも大切にしたい残していきたい伝統的な母の味・故郷の味・心の味」として、全国各地の農山漁村で継承され、国民的支持のある99の郷土料理とご当地料理を選定したものです。 料理評論家・服部幸應さんが委員長をつとめる「郷土料理百選選定委員会」が約1,700点の候補から絞り込み、インターネットによる人気投票結果も参考にして、2007年12月18日に選定されました。
花の百名山
「花の百名山」は東京都名誉都民で脚本家、作家の田中澄江さんが、1980年に発表し第三十二回読売文学賞を受賞した随筆集、およびその中で紹介された100の山のことです。 山歩き歴七十年の作者が、高尾山から槍ケ岳まで登った100箇所の山を選び、そこで見られる花々等について紹介した内容で、登山ブーム・ハイキングブームの火付け役とも言われています。
日本百名山
日本百名山は、作家の深田久弥氏によって選出された日本の名峰百選です。百名山は1964年に著者の同名随筆集によって紹介され、以来、多くの登山家の間で親しまれています。
大分百山
「大分百山」とは、社団法人「日本山岳会東九州支部」が大分県内の山岳から選出した100の名山です。同団体創立20周年を記念して、同じ時期には「宮崎百山」も選出されています。
ぐんま百名山
「ぐんま百名山」とは、平成13~15年に「21世紀の文化づくり事業」の一環として行われた企画の一つです。群馬県内の名峰100選です。
北海道百名山
北海道百名山とは新版の書籍『北海道百名山』で選出された北海道の名山100選です。1993年の初版『北海道百名山』からは8座の入替えが行われています。
奈良百遊山
「奈良百遊山」とは、平成15年度(2003年)に奈良県が「健康づくり奈良百遊山」として、“県民のみなさまに歩いていただきたい山”を100選定したものです。 百遊山は難易度によって、「A.毎日登れるような、日常的な健康づくりにふさわしい山。
続ぎふ百山
「続ぎふ百山」は、岐阜県山岳連盟が1975年と1987年の「ぎふ百山」に続いて、18年後の1993年、採録しきれなかった山々を新たに130選んで紹介したものです。いずれも岐阜県山岳連盟の加盟団体によって長年調査されてきた山々で、岐阜新聞に掲載されてきた記事をもとに選ばれています。
山梨百名山
「山梨百名山」は、1997年に山梨県が選定した県内の名山100選。山梨県は世界遺産の富士山をはじめ、南アルプス、八ヶ岳、奥秩父など、四方を山に囲まれた日本でも有数の山岳県となっています。
和歌山県の朝日・夕陽100選
「和歌山県の朝日・夕陽100選」は、「和歌山の昇る朝日に希望と元気を、送る夕陽に感謝と感動を」をキャッチフレーズとして、「和歌山県観光連盟」が募集し、応募された朝日・夕陽の名所の中の中から100の景色を選定したものです。 当100選は「小・中学生の40%以上が日の出や日没を見たことがない」という調査結果に問題意識を持ち、和歌山県内各地で朝日や夕陽が美しく見える場所を選定し、朝日や夕陽の感動をもう一度思い出してもらおうという目的をもって計画されたものです。
ぎふ百山
「ぎふ百山」は、岐阜県山岳連盟が1975年(昭和50年)に選定した県内の120の山々。1993年(平成5年)には、「ぎふ百山」とはまた別の130の山が選ばれ、「続ぎふ百山」も選定されています。
九州百名山
「九州百名山」は、「山と溪谷社」から刊行された、九州の名山100選を網羅した書籍(もしくはその企画名)にて紹介されています。2002年に改訂が行われており、初版からは27の山について入替が行われました。
四国百名山
「四国百名山」とは、「四国百名山会」によって選定された100の山々です。いずれも四国内に位置する名峰ばかりですが、高知新聞社によって選出された「四国百山」とは74座が重複しています。
中国百名山
「中国百名山」とは、「山と溪谷社」より選出された、中国地方に位置する100の名峰集です。刊行以来、登山家の間ではガイドブックとして重宝されています。
関西百名山
「関西百名山」とは、「山と溪谷社」大阪支局により選出された関西に存在する名峰の100選です。近畿二府四県(京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県、奈良県、和歌山県)、三重県の鈴鹿山脈、布引山地、そして福井県の野坂山地から100の名山が紹介されています。
甲信越百名山
「甲信越百名山」は、山と渓谷社によって選出された甲信越の名山100選(書籍化されています)。山梨、長野、新潟の三県から、主に北・南・中央アルプスの山々、八ヶ岳、越後三山、谷川連峰などの名山が地域毎に網羅されています。
関東百名山
「山と渓谷社」より発行された「関東百名山」です。選定のポイントは山の品格(山容)、歴史、個性、登った時の「楽しさ」など。
東北百名山
「東北百名山」は、複数の写真家によって選定された東北地方の山の100選です。過去に数回書籍が刊行されており、初版(初選出)は1990年。
富士山がある風景100選
日本各地で様々な場所が、名所100選として選定されていますが、中でも国内外から多くの訪問者を惹きつけてやまないのが、名峰富士を望むことのできる「富士山がある風景100選」です。環境省が2017年に公開したもので、富士山が見える代表的な場所が、104ヶ所選ばれています。

の日本百選スポット検索結果: 4387 件
1 2 3 4 5 次へ≫
十勝岳山麓に広がる田園風景
人と自然が織りなす日本の風景百選 北海道富良野市・美瑛町
群馬県・赤城山麓の養蚕ムラ
人と自然が織りなす日本の風景百選 群馬県
砺波平野の散居村
人と自然が織りなす日本の風景百選 富山県砺波市
氷見市の越中式定置網
人と自然が織りなす日本の風景百選 富山県氷見市
白川郷・越中五箇山の合掌造り民家
人と自然が織りなす日本の風景百選 富山県南砺市
忍野村から見た富士山
人と自然が織りなす日本の風景百選 山梨県忍野村
岩城山麓のりんご園
人と自然が織りなす日本の風景百選 青森県弘前市
姨捨山と更科の名月
人と自然が織りなす日本の風景百選 長野県
「日本のチロル」遠山郷の急傾斜畑
人と自然が織りなす日本の風景百選 長野県南信濃村
白川郷・越中五箇山の合掌造り民家
人と自然が織りなす日本の風景百選 岐阜県白川村
久能山の石垣苺栽培
人と自然が織りなす日本の風景百選 静岡県静岡市
文化遺産「明治村」の風景
人と自然が織りなす日本の風景百選 愛知県犬山市
紀南・丸山千枚田
人と自然が織りなす日本の風景百選 三重県熊野市
京都を護る霊峰・比叡山
人と自然が織りなす日本の風景百選 滋賀県
京都を護る霊峰・比叡山
人と自然が織りなす日本の風景百選 京都府京都市
京都北山杉の美林
人と自然が織りなす日本の風景百選 京都府
山と明日香村の風景
人と自然が織りなす日本の風景百選 奈良県明日香村
奈良若草山の山焼き
人と自然が織りなす日本の風景百選 奈良県奈良市
熊野本宮大社と熊野古道
人と自然が織りなす日本の風景百選 和歌山県
弘法大師空海が開山した高野山
人と自然が織りなす日本の風景百選 和歌山県
蔵のある町・倉敷美観地区
人と自然が織りなす日本の風景百選 岡山県倉敷市
備後鞆の浦の港町
人と自然が織りなす日本の風景百選 広島県福山市
日本三大奇橋・岩国の錦帯橋
人と自然が織りなす日本の風景百選 山口県岩国市
周防秋吉台の野焼き
人と自然が織りなす日本の風景百選 山口県
阿蘇山麓・矢部町の通潤橋
人と自然が織りなす日本の風景百選 熊本県矢部町
阿蘇山艸千里の草山
人と自然が織りなす日本の風景百選 熊本県
中九州五家荘・五木の山村
人と自然が織りなす日本の風景百選 熊本県
八重山諸島・竹富島
人と自然が織りなす日本の風景百選 沖縄県竹富町
「奥の細道」の山寺・立石寺
人と自然が織りなす日本の風景百選 山形県
山岳信仰の出羽三山
人と自然が織りなす日本の風景百選 山形県
1 2 3 4 5 次へ≫